しらさぎ基礎化粧品とは

しらさぎ化粧品とは

製造メーカーならではの品質と制度を追求

製造メーカーならではの品質と制度を追求

兵庫県姫路市の化粧品製造販売メーカーで、姫路城の別名『しらさぎ城』のしらさぎから名前をいただき、地域に密着したメーカーとして2010年9月に生まれました。薬品製造のノウハウを生かして、姫路の馬油を中心とした商品を開発、現在『しらさぎクリーム』『しらさぎセッケン』『しらさぎ化粧水』を販売しています。

お客さまの声をカタチに

お客さまの声をカタチに

男性・女性・子どもを問わず人の肌にやさしい化粧品を目指し、名前の『しらさぎ』に負けない商品の開発に取り組んでいます。開発が進んでいるものとしては、化粧水・リップクリーム・ボディソープ等があります。これらの開発は、モニターやご購入いただいたお客様の声から生まれたものです。

品質チェックはわたしの五感

品質チェックはわたしの五感

地場産業とのコラボレーションにも常に取り組み、特に『しらさぎセッケン』は有限会社宝角コーポレーションの独自な製法で、微粒子に粉砕した竹パウダーをスクラブとして配合することにより、お肌に負担をかけないクリーミーな泡立ちと抗菌効果の向上不要な角質を優しく除去することにつなげました。更には排水溝のヌメリを減らす等の効果をもたらし、多くの喜びの声をいただいています。

地場産業とのコラボレーション

地場産業とのコラボレーション

もともと馬油は、人の皮脂に近い成分構成を持つ、保湿力に優れた天然素材ですが、しららぎ化粧品では、さらに馬油の最高級と言われる馬のこうね(たてがみ部)を多く含む皮下油です。大量生産は出来ませんが、薬品製造のノウハウと自分の五感に責任をもち、手作り製法だからこそ、とことん品質と鮮度にこだわり続けることができます。また、『植物性肌オイルHH』は100%ホホバオイルとなっています。

昔ながらの製法と、手包み包装へのこだわり。

昔ながらの製法と、手包み包装へのこだわり。

しらさぎ化粧品の商品は、昔ながらの手作り製法。大規模な設備の導入が価格に跳ね返ってしまうことを望まない羽山店長が、ひとつひとつ丁寧に製造しています。特にしらさぎ石鹸は、成形工程でカタチの不揃いや色ムラの発生を避けることができません。でもご安心ください。まるで和菓子のように、手包みで包装する際に商品をひとつずつ五感検査することで規格外、基準外の商品を誤って販売することのないよう、万全の態勢で臨んでいます。

ページトップへ